タイ駐在をしてみていいことばかり。タイ駐在者の味方!!タイ駐在前、駐在中の情報、タイ生活、海外投資、海外旅行情報をお届けします。

チャンのタイ駐在しちゃいなよ

タイ生活 海外駐在

タイ海外駐在員の生活費はいくら?一か月の生活費を公開します

2019年12月5日

タイの海外駐在員の生活費はどれくらい?

そんな疑問にお答えします!!

世界で一番日本人が住みやすい国としてあげられるタイです。

タイは物価が安いと聞いたことがあるかもしれないですが、実際の生活費はいくらなんでしょうか。

この記事の対象

・タイ駐在予定の方でタイの生活費を知りたい方

・タイ駐在中で他家庭の生活費が知りたい方

・タイの生活に興味がある方

それでは、1歳の子供をもった3人家族の我が家をモデルケースとして実際かかっている海外駐在員のタイの生活費について紹介したいと思います!

  タイの物価について

タイのお金の単位はバーツです。

物価は基本的に約3分の1と言われていました。

しかし、近年のバーツ高で最近の為替レートは3.6まで上昇しています。

同様に物価も上がっているのが現実です。

イオンのスーパーでオーガニック野菜を買おうと思ったらキャベツや大根は日本の半分サイズで45B(162円)くらい、タイ製ジャポニカ米は5kgで147B(529円)

日本の調味料などの輸入品は高くて日本の2倍近くしますね。

タイ人の生活をすれば例えばチャーハンが60バーツなど安くすむのですが、長期滞在となると中々難しいところです。

タイで暮らしていこうと思うと生活スタイルによって生活費がピンからキリまで。

毎日日本食で外食してたり夜遊びやゴルフ、海外旅行にインタナショナルスクールに入れるなど生活レベルをあげようと思えばかなりあがります。

人によっては生活費が安い人もいれば日本と変わらない人もいます。

それ以上の人もいるかもしれません。

  我が家の生活水準レベル

我が家は1歳の子供持ちの3人家族。

現在の生活水準は海外駐在の恩恵を受けて、日本より少しだけレベルを上げてますが周りの駐在家族よりは豪遊してません。

奥さんが平日は毎日自炊してくれてます。たまに土日にご飯食べに行ったり、パタヤやバンコクに出かけたりします。

ゴルフは月1、駐妻ランチ週2程度、毎週タイマッサージに行って体のメンテナンス。

宴会は出張対応にもよりますが月1〜2程度

子供が小さいので近所の公園に行って遊んでます。

まだ、ナーサリーに入れてません。

育児サークルや習い事に週2で行く程度。

● 基本夜は自炊
● 昼は会社の食堂
● 基本的な移動はトゥクトゥクかGRAB

子どものための食材が高いので自炊の方が高くついたりします。

日々は控えめにして大型連休で海外旅行に行くスタイル。

それでは我が家の生活費を参考にしてみてください

  3人家族 タイの1ヶ月生活費

1ヶ月の生活費を発表します。

このような感じです。

じゃーん。

11月は33000バーツ(約12万円)

他の家族より比較的安く抑えられているでしょうか。

飛行機を使った旅行やゴルフの数、飲み会が多い月は40000バーツほど。

週に10000バーツが相場ですかね。

子どもが大きかったり、ナーサリーに行き出すと50000バーツがやはり一つの目安です。

ちなみに海外駐在のメリットである家賃は会社支給なので含まれません。

無料で55000バーツのプールジム付きのオーシャンビューに住まさせていただいてます。

  各詳細

食費日用品:8700バーツ

生活費の中でも一番大きなウェイトを占めるのが食費日用品ですね。

妻が大体自炊してくれているのと子供用に食材をオーガニックのものにしてくれているのでその分高くなっているかもしれません。

仕方ないですね。

タイ製の食材は安いのですが農薬を使ってたりするそうなので、子供には安心のオーガニック。

調味料は日本から沢山持ってきたのでアドバンテージになっているかも。

妻が駐妻ランチに毎日行ってないのも大きいかな。

外食費:6500バーツ

外食費は家族で日本食を食べに行くと1000バーツ程度。

タイ屋台の場合、70B~100B程度。

毎日外食の場合、和食や洋食や、飲み会にも行くと考えると・・・切りつめても1人だいたい10,000B~15,000Bくらいですね。

日本にいる時より飲みに行ってないので食費は安くなってますかね。

交際費:7660バーツ

ゴルフや旅行関連、友達とのご飯などを交際費にしています。

毎週ゴルフに行ったり夜遊びをするとこの費用が膨れ上がります。

単身赴任の人は結構使っていそうですね。

健康:3630バーツ

夫婦揃って毎週タイマッサージに行っています。周りの家族より高めかな。

でも、1時間200バーツなので安い。

後は薬などがここに含まれます。

交通費:2715バーツ

土日に使うドライバー代が発生します。

料金が高いので街の移動はトゥクトゥクやGRAB。

また、ロットウやソンテウも使います。

光熱費:1900バーツ

水道代…300バーツ
電気代…1,300バーツ
携帯インターネット代…200バーツ

水道代がとにかく安いです。

お風呂朝夜入っても、全然安いですね。

コンロは電気なのでガス代はありません。

電気代は今月は涼しかったので休めです。

我が家は扇風機を使っているので節約できています。

エアコンつけっぱなしだと2000バーツはこえてきます。

サービスアパートだともっと高くて4000バーツいくらしいです。

スマホのインターネットは月額固定。

家のインターネットは契約時につけてくれたので無料。

 習い事、育児;1600バーツ

育児サークルや育児施設代がメイン。

妻や私のタイ語レッスンはまとめて払ったので今は費用に含まれません。

これからナーサリーに通い出すので、一回400バーツかかってきます。

毎週行きだすと6000バーツかかってきます。

3歳になるまで自己負担のようです。

  単身赴任中の生活費

ご飯代は15000バーツ、遊び代10000バーツで過ごしてました。

詳細は伏せておきます。

あまり豪遊するのもよくないですからね。

  まとめ

3人家族の生活費は33000バーツ(約12万円)でした。

個人的な意見ですが安い方だと思います。

世間のタイ駐在の生活費相場は40000〜50000バーツと考えていただければと思います。

以上、タイに住んでみて分かった1ヶ月の生活費でした!

記事を読んでいただきありがとうございました。

駐在員が住む豪華なタイの家をまとめて解説

タイ駐在員の魅力的な休日の過ごし方7つ紹介します

タイ駐在はバンコクの中古ショップを使って節約がおすすめ

駐在員が教える 海外駐在員の収入の優位性について

海外駐在員の給料公開します。なぜ駐在員を目指さないの?

プロフィール

タイ駐在の味方 チャンです。

2019年~タイ駐在中で1児の父親やってます。

海外旅行(38カ国制覇)と子育てを楽しんでます。

お得なタイ生活情報や駐在情報を中心に発信中。

Noteも作成しています。

 

-タイ生活, 海外駐在

Copyright© チャンのタイ駐在しちゃいなよ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.