タイ駐在をしてみていいことばかり。タイ駐在者の味方!!タイ駐在前、駐在中の情報、タイ生活、海外投資、海外旅行情報をお届けします。

チャンのタイ駐在しちゃいなよ

タイ国内旅行 タイ生活

Rabbit LINE Pay(ラビットラインペイ)で支払い方法を解説!

2019年12月17日

Rabbit LINE Pay(ラビットラインペイ)をご存知ですか?

日本のLINE Payのタイバージョンです。

私もタイで生活をしてますが、ラビットラインペイを使い出してからかなり生活が便利になりました。

前回の記事ではタイでのモバイル決算ラビットラインペイの初期設定方法について説明しました。

ラビットラインペイはスマホひとつで電気代、携帯代、レストラン料金が支払えて便利だし、割引などのプロモーションもあってオトクなんです!

今回はラビットラインペイでの飲食店での買い物と電気代の支払い方法について説明します。

この記事の対象

  • Rabbit LINE Pay(ラビットラインペイ)について知りたい方
  • Rabbit LINE Pay(ラビットラインペイ)を飲食店での買い物の支払いで使いたい方
  • Rabbit LINE Pay(ラビットラインペイ)の電気代の支払い方法が知りたい方
  • Rabbit LINE Pay(ラビットラインペイ)を使ったことがなくて興味がある方
  • タイ在住の方
  • これからタイに住む方

それではさっそく。

 Rabbit LINE Pay(ラビットラインペイ)の支払いがお得!!

スマホのアプリにお金をチャージすることでお財布代わりにして、各種支払や送金などができる決済システムのことをモバイル決済といいます。

日本でモバイル決済の代名詞といえばLINE Pay(ラインペイ)です。

タイではBTSが運営するラビットカードと提携してRabbit LINE Pay(ラビットラインペイ)という名前で展開しています。

Rabbit LINE Pay(ラビットラインペイ)の初期登録方法の記事はこちらを参考にしてください。

 

割引やキャッシュバックがある!

Rabbit LINE Payで支払った場合、割引などのプロモーションをしている店舗がたくさんあります。

たとえば、マクドナルドやバーガーキングでラインペイで決済すると安くなったり、

使わない手はないですね。

その他、LINEにRabbit LINE Payを登録しておくとお得な情報の連絡が入ってきます。

電気料金をスマホで手数料ゼロで支払える

Rabbit LINE Payを使って電気料金を支払えば、手数料ゼロで支払いができます。

こちらも簡単に登録ができ支払いができます。

セブンイレブンなどいちいち店舗に行かなくても全てラインペイの中で完結します!

それではラビットラインペイを使って支払いをしていきましょう。

 Rabbit LINE Pay(ラビットラインペイ)の支払い方法

手順①お金をトップアップしよう

Rabbit LINE Payの表示のある場所でトップアップできます。

  • BTSの窓口
  • マクドナルド
  • エンポリアムやエムクォーティエのフードコート
  • AISのショップ

トップアップ方法は

①係員にトップアップしたい金額を告げる。

②スマホにバーコードを表示させてスキャンしてもらうとトップアップされます。

③トップアップされた金額を窓口で現金で支払う

追記 BANGKOK BANKのアプリを使ってトップアップする方法が分かりましたので紹介します。

Rabbit LINE Pay の画面を開いてください。

Ref.Noの10桁の数字をメモしてください。

この10桁の数字がRabbit LINE Payの口座番号になります。

Bangkok Bankのアプリを開いて、ログインするとこちらのトップ画面が開きます。

下のアイコンのPay Bill/TOP UPをタッチしてください。

TOP UPをタッチしてください。

TOP UPする各会社名が表示されますので、Rabbit LINE Payをタッチ。

TOP UP先がRABBIT LINE PAY COMPANYと表示されます。

そして、先ほどRabbit LINE Payの口座番号であるRef.Noの10桁の数字をCustomer No.(Ref.#1)に入力してください。

AmountにはTOP UPしたい金額を入力してください。

NOTEはメモ欄です。

記載しなくてもよいです。

内容を確認し正しければYesをタッチしてください。

Ref.Noの10桁の数字を正しく入力しないと別の方の口座に振り込まれてしまいます!!用確認です。

 

 

TOP UP手続き完了です。

Rabbit LINE PayにTOP UPされているか確認しましょう。

LINE WALLETにチャージしました。と確認できればOKです。

 

手順② クレジットカードも登録しておこう

クレジットカードを登録しておけばトップアップをしなくても支払いが可能になります。

私の場合、銀行からスマホでトップアップできないので、通常はクレジットカードを指定して支払っています。

クレジットカード払いでポイントを貯めてますしね。

クレジットカードを登録方法は、Rabbit LINE Payの画面をスクロールして一番下の方にある「カード登録」から登録できます。

 

 

登録できるクレジットカードはVISA、MASTERCARD、JCB、Thai Payment Network

カードスキャンでクレジットカードの写真を撮ると自動的にカード番号と有効期限が入力されます。

続いて、セキュリティコードを入力。

名、姓を英語で入力します。

カードニックネームは複数登録するときに区別ができて便利です。

 

1バーツ請求されていますが返金されます。

確認をタッチ。

カード登録をタッチするとクレジットカードが追加されます。

 

手順③ コード支払いをしよう

コード支払いが一番よく使います。

ラビットカードの読み取り機の上の方にバーコードスキャナーがついているので、そこに自分のバーコードをかざして支払いをします。

バーコードを表示するには上のコード支払いを押してください。

バーコードを表示するためには暗証番号の入力もしくは指紋認証が必須なので、セキュリティも担保されています。

バーコードを表示したら、クレジットカード払いかトップアップした金額から支払うかを選択してからスキャンし決済します。

支払い方法の切り替え方法は「お支払い方法」の右の矢印をタッチ。

クレジットカード変更をタッチ

登録しているクレジットカードの切り替えが可能です。

支払いしたいクレジットカードをタッチ。

支払い方法がクレジットカードに切替りました。

店員さんにQRコードをスキャンしてもらえば支払い完了です。

バーコード下部に「バーコードのショートカットキーを作成」というメニューがあります。これを使ってショートカットキーをスマホのホーム画面に追加しておけば、次回からスムーズにバーコードを表示できます。

 

順③-2 お店のバーコードをスキャンして自分で金額を入力する

お店のバーコードをスキャンして自分で金額を入力する支払い方法もできます。

 

スキャナーを起動して読み取ります。スキャナーの起動はコードリーダーをタッチ。

そして、支払う金額を自分で入力して決済します。

ちなみに、LINE Payを立ち上げる前のウォレットの画面にもバーコードやスキャナーを立ち上げるメニューがあるので、こちらからでも支払えます。

 

 電気料金の支払い方法

電気会社の支払い明細はこちら。

今回の場合、Provincial Electricity Authorityという電気会社の電気代を支払います。

次に電気料金を支払う場合はUtilityを押して、支払先の電力会社を選びます。

 

画面が切替り、電気会社を選択できます。

今回はProvincial Electricity Authorityをタッチ。

電気料金の請求書に記載してあるCA/Referene Number 12桁を入力して、支払い画面に進むことができます。

 

 

電気料金だけはクレジットカード払いが選択できませんので、トップアップしたお金から支払う必要があります。

決済をタッチすると支払いが完了します。

支払い完了すると連絡通知が入ります。

一度ラビットラインペイで電気料金を支払うと、次回から請求書が発行されるとLINEで教えてくれるようになるから便利ですよ。

 まとめ

今回はRabbit LINE Pay(ラビットラインペイ)での支払い方法について解説しました。

・トップアップの方法

・クレジットカードの登録方法

・ラビットラインペイでの飲食店での支払い方法

・電気料金の支払い方法

とはいってもタイではラビットラインペイを使えるお店はまだまだ少ないのが現状です。

今後モバイル決算は拡大しラビットラインペイを使える店も増えていくはずです。

期待したいと思います。

 

あわせて読みたい記事はこちら

タイのおすすめモバイル決済Rabbit LINE Pay(ラビットラインペイ)の初期設定から使い方まで全解説

タイでRabbit LINE Pay(ラインペイ)の超簡単新規登録方法を説明

【タイAISのSIMカード】トップアップは結局LINE Payが一番おすすめ

RABIT LINE Pay(ラビットラインペイ)とラビットカードを連携させBTSをモバイル決算する方法

タイバンコク内はラビットカードを作ってBTS移動がおすすめ

プロフィール

タイ駐在の味方 チャンです。

2019年~タイ駐在中で1児の父親やってます。

海外旅行(38カ国制覇)と子育てを楽しんでます。

お得なタイ生活情報や駐在情報を中心に発信中。

Noteも作成しています。

 

-タイ国内旅行, タイ生活

Copyright© チャンのタイ駐在しちゃいなよ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.