タイ駐在をしてみていいことばかり。タイ駐在者の味方!!タイ駐在前、駐在中の情報、タイ生活、海外投資、海外旅行情報をお届けします。

チャンのタイ駐在しちゃいなよ

タイ生活

タイのパタヤではGRABとソンテウを使い分けるのがおすすめ

タイ・パタヤは人気のビーチリゾートでありながら、海だけではなくさまざまな魅力にあふれています。

バンコクから約2時間でアクセスでき、ナイトマーケット、水上マーケット、ショッピング、フェリーに乗って訪れるラン島、そして、美しいサンクチュアリ・オブ・トゥルースそして夜の繁華街ウォーキングストリートとどれも人気の観光エリアです。

このようなパタヤ観光をするためにも、移動手段を予め理解しておくとパタヤを効率的に観光ができます。

観光地別にどの移動手段がよいか考えてみましたので紹介します。

結論はGRABとソンテウ(乗り合いタクシー)を使い分けるのがおすすめです。

パタヤのタクシーは実質メータータクシーが存在しないので、ぼったくり天国です。

メーターの使わないタクシーはうっとおしいので、面倒な交渉をしないためにもGrabがやっぱり便利。

そして、パタヤはGrabCarが多く使い勝手が良いです。

でも、パタヤ価格で少し高めなのでソンテウが通っている場所はソンテウがベター。

この記事の対象

  • パタヤ旅行を検討している方
  • パタヤ内での移動方法について知りたい方
  • パタヤでのGRAB相場を知りたい方
  • ソンテウについて知りたい方

それではさっそく。

 パタヤの場所は?

パタヤはバンコクから約2時間でアクセスが可能です。

例えば、バンコクのASOK駅らパタヤのヒルトンパタヤまでのGrabの価格は2277バーツです。

(時間帯などで価格は変動します。)

ちなみに最安で行く方法はエカマイのバスターミナルからバスやロットウで行く方法です。

大人だけなら良いですが小さい子供がいる場合は長時間移動となるのできついですよね。

初めてのタイ旅行でGRABを使わない方はこちらが便利ですのでご参考。

バンコクからパタヤへのアクセス

 

 パタヤの交通事情

1.タクシー

前述の通りパタヤにはメータータクシーが存在しません。

タクシーは事前交渉制もしくは旅行会社を通して予約しておくなどが一般的です。

なので、パタヤでは基本、直接タクシーを利用するのはおすすめしません。

ドライバーは3割ぐらい増して交渉してきますので注意が必要。

2.GRAB

Grabの使い方は下記の記事にかなり詳細にまとめているので、そちらをご参照ください。

東南アジア・タイで超便利!おすすめ配車サービスGRABの使い方を徹底解説

アプリは常にアップグレードされているので画面のデザイン等は変わっていきますが、基本的な使い方はそこまで大きく変わりません。

 

3.ソンテウ

他にもソンテウという荷台に乗るタイプの乗合タクシーがあり、決まった路線に乗る場合は10バーツから20バーツ/1人で移動できるので非常に安いです。

パタヤではソンテウが沢山走っており、移動手段として観光客はもちろん現地住まいのファランやタイ人が多く利用しています。

なので、ソンテウが通っている場所に行く場合、ソンテウを利用することをおすすめします。

良く観光客が乗るソンテウはターミナル21~ウォーキングストリート間をビーチロードとセカンドロード間をぐるぐるまわっています。

乗り方は後払い制で、降りたい場所に近づいたらブザーを押すと止まってくれますので、荷台から降りてドライバーへ料金を支払えばOKです。

チャーターして個別の目的地に行く場合はこちらも交渉制です。

 

4.バイタク

他にも上級者の場合はモーターサイ(バイク)をレンタルする方法もあります。

モーターサイタクシー(バイクタクシー:通称バイタク)もありますが、初心者にはあまりお勧めできません。

乗り場には英語でも運賃が掲載されていました。

タイでは交通事故が多く、バイタクはノーヘルでの移動になります。

基本的に危ないのでバイタクはおすすめしません。

急いでいるときやどうしようもないときに限り使用しましょう。

自己責任ですよー。

 

 パタヤ観光地のGRABとソンテウの使い分け

パタヤ市外への移動はGRAB、パタヤ市内への移動はソンテウを使いましょう。

◆GRABで行けるパタヤ観光地

  •  サンクチュアリ・オブ・トゥルース
  •  パタヤ水族館
  •  ワット・ヤンサンワララーム
  •  ワット・カオシーチャン
  •  水上マーケット
  •  パタヤ・ヒル
  •  ワット・プラヤイ

◆ソンテウで行けるパタヤ観光地

  • ウォーキングストリート
  • ターミナル21
  • セントラル
  • ナイトマーケット

 

 GRABの料金比較

パタヤの中心であるビーチロード沿いのヒルトンホテルパタヤから移動した場合の料金です。

ターミナル21に行く場合

パタヤのGRAB車両は結構多いですが、初乗り運賃は160バーツで結構強気な価格設定です。

バンコクのメータータクシーだと40バーツ程度。

ヒルトンホテルパタヤ~ターミナル21で距離は2.4kmで199バーツとかなり割高ですね。

ソンテウなら10バーツで行くことが可能です。

この価格からもパタヤ市内のソンテウの安さが際立っていることが分かると思います。

(まあ、日本に比べると安いですよね・・・)

サンクチュアリ・オブ・トゥルースに行く場合

ヒルトンホテルパタヤ~サンクチュアリ・オブ・トゥルースで距離は5.8kmで245バーツです。

これぐらいの距離であればGRABを使うメリットがありそうですね。

 

ちなみに日本人が多く住んでいるシラチャ間でパタヤで遊んだ後、深夜帰る場合GRABがおすすめです。

ヒルトンホテルパタヤ~シラチャロビンソンで780バーツ。

タクシーだと1000バーツとぼってきます。

GRABだと適正料金なので安心ですね。

  まとめ

パタヤではGRABとソンテウ(乗り合いタクシー)を使い分けるのがおすすめです。

パタヤ市内はソンテウ、パタヤ市外の観光地にはGRABで移動するのがおすすめです!

ボッタクリが嫌いな方は最初から価格がわかるGrabはパタヤでは非常に有効な交通手段だと思います。

メータータクシーがないパタヤのような地域でこそGrabは本領を発揮しますね!

あとは、もうちょっと安ければ文句ないのですが・・・。

記事を読んでいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事はこちら。

東南アジア・タイで超便利!おすすめ配車サービスGRABの使い方を徹底解説

GRABのSubscription(月額制)はタクシーとデリバリーサービスをお得に利用できるのでおすすめ

タイBTSアソーク駅からバンコク観光地へGRAB料金相場を検討

GRAB Package Ride PassがGRABユーザーに超お得な理由

【新機能】GRABに時間レンタルモードが追加 使い方を説明

 

プロフィール

タイ駐在の味方 チャンです。

2019年~タイ駐在中で1児の父親やってます。

海外旅行(38カ国制覇)と子育てを楽しんでます。

お得なタイ生活情報や駐在情報を中心に発信中。

Noteも作成しています。

 

-タイ生活

Copyright© チャンのタイ駐在しちゃいなよ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.