タイ駐在をしてみていいことばかり。タイ駐在者の味方!!タイ駐在前、駐在中の情報、タイ生活、海外投資、海外旅行情報をお届けします。

チャンのタイ駐在しちゃいなよ

海外駐在

【海外初心者向け】失敗しないクレジットカードランキング

海外旅行にクレジットカードは必須アイテムですよね。

ホテルなどでは、絶対に掲示する必要がありますし、身分証明書代わりにもなる。

支払いを節約できるし、海外旅行保険も付いている。

現金主義の方も海外旅行ではクレジットカードを持って行くべきです。

現金を落としてしまった時の保険にもなりますしね、

ただし、日本国内だけで1,000種類以上のカードがあり、どのカードが海外で有効かなんて分からないですよね。

サイトによっておすすめのクレジットカードが微妙に違いますし悩む一方です。

38か国海外旅行を経験、現在タイで生活中の私が皆さんのお悩みを解決する為に、海外旅行初心者向けのクレジットカードを厳選しました。

海外旅行にどんなカードを選べばいいの?

 主にこれらの点に注意して選ぶと良いでしょう。

 海外旅行にクレジットカードは絶対に必要

海外に行くなら、クレジットカードは絶対に必要です。

理由は

  • 外貨を両替するよりもクレジットカード払いがお得
  • 海外旅行保険を使える
  • 信用できる人(支払い能力がある人)としての身分証代わりになる(ホテルによっては宿泊時などに提示を求められます)
  • 現地のトラベルデスクを利用できる
  • 現金よりも安全

いざという時の必需品ですね。

ではどんなカードを選べばいいのでしょうか?

 VISAかMastercardがおすすめ

クレジットカードの国際ブランドには、VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress(アメックス)やDiners Club(ダイナースクラブ)などがあります。

この中でも特に、VISA、MasterCardは2大国際ブランドと言われており、全世界の加入者数、加盟店舗数がずば抜けています。

つまり、世界中どこに行ってもまず間違いなく使えるのがVISA、MasterCardです。

海外旅行に出かけるときには、この2つのブランドを選んでおきましょう。

※JCBカードはハワイや台湾、韓国など日本人がよく訪れるお店では使えることもありますが、使えないお店もまだまだ多いので、VISAかMasterCardがおすすめです。

 複数枚(最低2枚)準備しよう!

海外慣れしているトラベラーは必ず複数枚持って旅行に出かけます。

もちろん私も複数枚持っていきます。

理由は

  • 海外旅行保険で保険額を合算するため
  • カードの限度額を超えると使えなくなってしまう

海外保険の補償を受ける場合、1つのカードでは補償額が足りないケースがあるんです。

海外保険で一番使うのが、ケガや病気で現地の病院を使った時「傷害疾病治療費」と、カメラやパソコンなどが盗まれた時「携行品損害」

一般的にクレジットカードの保険額は傷害疾病治療費が200〜300万円、携行品損害が20万円前後です。

例えば、アメリカでは盲腸の手術で250万円の請求などもありえますので、1枚だけでは足りないですよね。

そこで「複数枚持ち」が効果を発揮します。

理由はカードを複数枚持ちすることで、「合計補償額を引き上げる」ことができるからです。

例えば、傷害疾病治療費を200万円補償してくれるカードを3枚持つことで、200万×3枚で600万円の補償を受けることができます。(年会費無料のカードを作れば、何枚持っても年会費はかかりません。)

結果として十分な補償額を手にすることが出来るので、安心感が全く違うでしょう。

複数枚持ちが便利な理由の2つめは「限度額」です。

複数人の海外航空券やホテルをクレジットカードで予約する場合、カード限度額に達してしまうことがあります。

例えば、二人旅行でも長期の旅行・遠方への旅行になると航空券だけで30万円、ホテル代で15万円などかかります。

50万円が限度額のカードの場合、残り5万円しか使えません。

そのカードでそのまま5万円以上利用してしまった場合、手続きを行い限度額を引き上げるなどの処理が必要で、最悪の場合は帰国しなければ使えないという事態になってしまいます。

よって、「海外保険を目当てにカードを持って行く・2人以上で旅行に出る」場合は、最低でも2枚以上用意しておくと安心です。

海外慣れしている人は皆知っているテクニックです。

さらに複数枚発行する時には別々の国際ブランドを発行することがポイント。

「VISAを2枚」ではなく、「VISA1枚、MasterCard1枚」がおすすめです。

海外でこの組み合わせが良いのはいずれかのブランドが使えなくても、別のブランドで支払いを行うことができるからです。

 海外保険は自動付帯?利用付帯?

クレジットカードによって、海外保険が自動付帯か、利用付帯かが異なります。

自動付帯…持ってるだけで保険の適用になる

利用付帯…カードを旅行費用(交通費など)の支払いに使わないと保険の適用にならない

もちろん、自動付帯の方が簡単です。

特に初心者の方で複数枚持つ場合は、持っているだけで保険が適用される自動付帯のカードがオススメです。

年会費無料?それとも必要?

多くのカードが年会費無料で発行することができます。

ただし、年会費が必要なカードのサービスとして

・空港ラウンジが使える

・家族も保険の対象など

年会費に見合う以上のサービスを受けることができ、トータル的にはお得なカードもあります。

予算や使用用途に応じて選びましょう。

 今回紹介するのは、海外旅行初心者向けのクレジットカードランキングベスト3です。

①本ランキングは海外旅行初心者向けということで、マイレージを徹底的に貯めたいマイレージ系のカードを除外しています。

②他サイトではマイレージ系のカードや買物系のカードばかりを紹介していて海外旅行初心者向けではないんですよね。

③本ランキングでは信頼性を確保の為、ランキングから除外する商品の条件も全て公開。

除外したマイレージカード一覧

クレジットカード名

初粘度年会費(円)

カード種類

ダイナーズクラブカード

22000

ダイナーズクラブ

アメリカンエクスプレスカード(アメックスグリーン)

12000

アメリカンエクスプレス

JCBプラチナカード

25000

JCB

EITカード

無料

VISA

REX CARD Liteカード

無料

VISA、マスターカード

ビックカメラSuicaカード

無料

JCB

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

無料

JCB

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

34100

アメリカンエクスプレス

ここでは海外旅行初心者向けのクレジットカードを選ぶ下記3つの審査基準を設け客観性を重視、全て公開します。

旅行系のクレジットカードといっても、海外初心者に必要なサービスは大きく異なります。

海外旅行でクレジットカードのサービスの恩恵を受けるには程度の初期投資が必要です。

海外初心者や今後も海外行く予定がない方にも他サイトのように年会費が極端に高額なクレジットカードやマイレージに強いクレジットカードに入会しても損をしてしまいます。

今回のランキングではより海外保険に強い、普段使いに良いクレジットカードを高評価にしてコスパ重視で順位化しています。

1位:楽天プレミアムカード ★★★★★

充実の保険と超お得なプライオリティパスが無料!

誰もが満足する一枚!!

私も加入している楽天プレミアムカード

楽天ゴールドカードの海外旅行傷害保険(利用付帯)には6つの補償が付いてきます!
1携行品損害
2疾病(病気)治療費用
3傷害(ケガ)治療費用
4救援者費用
5賠償責任
6(傷害)死亡後遺障害

更に楽天プレミアムカードの最大の強みは『プライオリティ・パス』のプレステージ会員が無料登録できることです。

むしろプライオリティパスを無料で取るためだけに作っても良し。

「プライオリティ・パス」とは、簡単に言うと、国内外の空港ラウンジを「割引」もしくは「無料」で利用できるパスカードです。

さらに一般のラウンジだけでなく、ビジネスクラスのラウンジまで無料で入ることが出来ます。

通常のゴールドカードにつく「空港ラウンジサービス」は国内主要空港(+ホノルルとハワイ)に限るのに対し、プライオリティパスは全世界の、そしてグレードの高いラウンジまで無料で入れるようになります。

ビジネスラウンジでは、ビュッフェやサラダバーなどの食事無料なのに加え、ビールやアルコールの飲み放題、さらにはマッサージやスパまで無料提供しているラウンジもあります。

本来はプライオリティパスは有料カードであり、カードの会員クラスは3つあります。

会員クラス

年会費

ラウンジ利用料

同伴者

スタンダード会員

99ドル

27ドル

27ドル

スタンダード・プラス会員

199ドル

10回まで無料(以降27ドル)

27ドル

プレステージ会員

319ドル

無料

27ドル

※空港ラウンジの通常利用料は1人あたり3000円ほどです。

楽天プレミアムカードを持っていると、このうち最高クラスの「プレステージ会員」に無料でなれるわけですね。

年会費10,000円(税別)のカードを持つことで、年会費319ドル(約4万円)のプライオリティ・パス無料になるわけなので、トータルで年間3万円ほどおトクになります。

プライオリティパス特典がつくクレジットカードは他にもありますが、年会費10000円(税別)の楽天プレミアムカードはもちろん最安値です。

海外へ旅立つときにちょっと豪華でVIPな時間を楽しみたい人には、コスパ最強のゴールドカードなのが楽天プレミアムカードです。

また、楽天関連サービスで4倍以上ポイント還元。普段使いにも相性が抜群。

更に関空を利用される方はお好み焼き・たこ焼きの店のぼてぢゅうで3,400円分の飲食が

一人で3,400円は相当な量になりますが、プライオリティ・パスがあれば3,400円分の飲食がぼてぢゅうで可能であると。空港内のレストランで3,400円までは無料で食事が取れるってことです。

楽天は審査も優しいので、初めてのゴールドカードにも良いですよ。

一度経験してしまうとまた翌年も使いたくなるクレジットカードです。

2位:横浜インビテーションカード★★★★

横浜インビテーションクレジットカード年会費無料のクレジットカードとしては病気・怪我の治療費が200万円とエポスカードの次に高い保険金額のクレジットカードの1枚です。

死亡傷害の保険金額も2000万円と高額

そして国際ブランドは日本の会社であるJCBとVISAを選択することが出来ます。

他の治療費の保険金額が200万のクレジットカードがJCBしか選べないものが多いなかで大きなアドバンテージだと思います。

JCBカードは再発行や日本語対応など良い面もあります。

ですが、満足度は高く無難ですが、妥協する人向けの1枚です。

詳しくはコチラ

3位:エポスカード ★★★

誰が申し込んでも後悔しないカード

3位は丸井のエポスカードです。

知名度のあるお買い物カードにプラスして海外旅行保険の最重要項目の病気の治療費は270万円と年会費無料のクレジットカードの中で唯一の最高額です。

もちろん海外保険として1位と2位に劣りますが、コスパはよいかと

【エポスカード】

以上、海外初心者向けクレジットカードランキングでした。

 

プロフィール

タイ駐在の味方 チャンです。

2019年~タイ駐在中で1児の父親やってます。

海外旅行(38カ国制覇)と子育てを楽しんでます。

お得なタイ生活情報や駐在情報を中心に発信中。

Noteも作成しています。

 

-海外駐在

Copyright© チャンのタイ駐在しちゃいなよ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.