タイ駐在をしてみていいことばかり。タイ駐在者の味方!!タイ駐在前、駐在中の情報、タイ生活、海外投資、海外旅行情報をお届けします。

チャンのタイ駐在しちゃいなよ

タイ生活 海外駐在

駐在員 海外赴任前の準備 まとめ

2019年10月13日

突然の人事異動で海外赴任が決まり、戸惑っている方がいるのではないでしょうか。

海外駐在に向け、何をやるべきか整理する必要があります。

海外赴任が命じられてから駐在する迄、短期間で多くのことをこなしていかないといけません。

手続きを忘れてしまうと後々面倒になことになることもあります。

家族帯同で赴任する場合、更にやることが増えますのでしっかり準備をしていきたいですよね。

私の経験を元に、海外赴任前に準備すべきことを紹介していきます。

 赴任先の情報収集関連

赴任生活を順調にスタートする為には、事前に赴任先の情報を出来るだけ入手する事がとても重要になります。

会社によっては赴任前に事前出張で赴任先のデパート、スーパー、病院、学校、レストラン、住居などの町情報を確認することができます。

事前出張ができない場合はインターネットで調べておくと良いでしょう。

更に宗教や文化、言語、サークル活動などなど理解しておけばするほど、赴任後の生活が安定します。

家族が帯同するなら奥さんとよく話し合い、奥さんの要望を取り入れると良いです。

駐在員は仕事で出勤しているので、実際に生活するのは家族であり奥さんの生活環境を整えるのが非常に重要になります。

海外での住む家の選択はコンドミニアム、サービスアパートメント、一軒家タイプがあります。何件か希望の生活スタイルを伝え、出来るだけ多くの物件を回ることをおすすめします。

 お金と保険関連

赴任後で生活する上で最も重要なことはお金を確保することです。

・最低1ケ月分の外貨を用意しましょう。赴任後1ヶ月は給料を受け取れないので、大目に持っていくことをおすすめします。

・クレジットカードは必須です。

すでに作っている人は問題ありませんが、VISAとMasterCard。家族の分を含め最低2枚あると良いです。赴任先でもクレジットカードが作れるので、こちらも用意しておくことを推奨します。

・銀行口座インターネットバンキングをできるようにしておく

・火災保険や地震保険、家財保険等の契約の見直しや解約

・生命保険、医療保険の契約見直しや解約

・必要に応じて株式や金融商品の売却

各種銀行口座や保険の契約は実家に住所変更しておきましょう。



 住居や日常生活関連

・本人及び家族全員のパスポートの手配

各都道府県のパスポート申請窓口で作れます。

窓口で一般旅券発給申請書、戸籍謄本1通、6か月以内に撮影した証明写真(45×35㎜)、住民票の写し1通、免許証やマイナンバーカード等ご自身の身分が確認できるものを用意して下さい。

およそ1週間で発行できます。料金は10年有効で16000円、5年有効で11000円、子供は0歳から必要で5年有効のみで6000円になります。

・電気、ガス、水道、インターネットプロバイダー、携帯電話、NHK、ケーブルテレビ、新聞、生協等の宅配サービス等の契約の解約手続き

複数の手続きしていると解約を忘れがちになってしまうので注意して下さい。

・海外引越しに対応した引越し業者の見積り選定と依頼

引っ越し業者はだいたい会社側で用意してくれます。

引越しに向け、海外に送付物、外部倉庫保管物、不要物の選別をしていきましょう。

海外での生活では基本的に家具や電化製品は備え付けがほとんどです。

この機会に思い切って断捨離すると良いです。

冷蔵庫やテレビ、洗濯機などの電化製品は電源を切ってしまうと壊れるリスクがあります。

知人や家族に譲る、メルカリやリサイクルショップに売るのが◎。

空気清浄機やルンバなど変圧器を現地で購入し使用できるので、物件内容と照らし合わせて選別してください。

・新規購入物の整理

日本製品を海外で購入すると高額になるものがあります。

普段使用しているコンタクトレンズや化粧品等を事前購入しておくと良いでしょう。

・郵便物の住所変更手続き

海外転送するか実家に受け取ってもらうか検討して下さい。

・市役所での転出届け

・持家の場合、賃貸に出すか空家にするか検討が必要です。家賃収入を得られますので、賃貸に出した方が

 車関連

・自動車を保有している方は、自動車の売却または友人に譲ることを検討して下さい。

・免許証の更新は必ずしておいた方が良いです。

駐在後にわざわざ免許更新のために帰国しないといけません。

・赴任先によっては海外免許証を取得が必要になります。

・自動車保険の解約と駐車場リースの解約

 お子さん関連

お子さんがいる家庭の場合、追加で必要になります。

・学校への届け出、習い事の解約

・赤ちゃんがいる場合は母子手帳の英訳

 健康関連

家族を含めた健康に関する手続きもしっかり準備をしていきましょう。

・健康診断

胃カメラを実施して自分の健康状態を把握しましょう

・予防接種

赴任先によってはかなり多くの予防接種が必要な国もあります。医師と相談し予防接種の計画をしていきましょう。

・歯の治療、クリーニング

海外では歯の治療は高額になることが多いようです。歯の治療は完了させておきましょう。

この際親不知も抜いておくのも良いです。

 まとめ

 

海外赴任前にやるべきことはかなり多いことを理解してもらえたと思います。

計画を立てて、漏れのないようにそれぞれの工程を一つ一つクリアしていきましょう。

業務の引継ぎもあり並行してやることが多いので大変ですが、準備万端の状態で海外赴任できるよう頑張って下さいね。

記事を読んでいただきありがとうございます。

合わせて読みたい記事はこちら

海外駐在 タイ駐在事前購入すべき持ち物

現役駐在員が教える駐在員の仕事のメリットとデメリット

海外駐在員の給料公開します。なぜ駐在員を目指さないの?

【海外駐在者必見】家族帯同時期のタイミングおすすめ

タイ駐在 タイは安心して子育てがしやすい9つの理由 

海外駐在 タイ駐在事前準備すべき持ち物リスト

 

プロフィール

タイ駐在の味方 チャンです。

2019年~タイ駐在中で1児の父親やってます。

海外旅行(38カ国制覇)と子育てを楽しんでます。

お得なタイ生活情報や駐在情報を中心に発信中。

Noteも作成しています。

 

-タイ生活, 海外駐在

Copyright© チャンのタイ駐在しちゃいなよ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.