タイ駐在をしてみていいことばかり。タイ駐在者の味方!!タイ駐在前、駐在中の情報、タイ生活、海外投資、海外旅行情報をお届けします。

チャンのタイ駐在しちゃいなよ

海外駐在

現役駐在員が教える駐在員の仕事のメリットとデメリット

2019年10月11日

サラリーマンの皆さん、駐在員を目指しませんか?

私はメーカーのサラリーマンですが、現在2019年1月~タイに駐在中です。

現役駐在員が駐在員をお勧めする理由をがなぜ良いのか、説明します。

 駐在員とは?

駐在員は日本で就職した後に、海外を勤務先として働くサラリーマンです。

職場が海外、部下がその国の外国人に変わっただけで、今の時代特別な存在ではありません。

日本で就職して、一通り業務経験を経てから海外の支店や工場に出向します。

役職は現在のポジション1つ上の仕事をする必要があり、主に管理職です。

 駐在員の仕事とは?

具体的に駐在員はどんな仕事をするのでしょうか?

日本と現地の仕事の仲介役です。

私の場合、開発部署と試験部署の管理職として工場勤務をしています。

職場が海外工場に変わり、担当者が外国人に変わっただけでやることは工場の開発管理職です。

日本人は人にもよりますが一般的に外国語が苦手なので仲介役として、上手く仕事がまわるように創意工夫をして働きます。

日本の本社での仕事の進め方を現地流に外国人に教え、仕事をしてもらいます。

言わば、潤滑油の役割で日本の本社と連携しながら業務をすすめていきます。

例えば、担当日本人と現地の外国人担当者が仕事をしている場合、コミュニケーションの問題等で仕事がうまく進まないケースがありますよね。

駐在員が直接外国人に仕事のやり方を教える、日本人担当者にも仕事の進めかたを教えて軌道修正するイメージですね。

・海外での工場の新規立ち上げ、新事業の立ち上げで駐在する人もいます。

・1から現地外国人を採用し、仕事のやり方を1から教えてスタートアップする人もいきます。

・私のように前の駐在員が築き上げてきたやり方を引継ぎアップデートしていく人もいます。

・出張者のアテンド対応をします。

仕事は会社によってそれぞれ違うと思います。

慣れない環境で言語の問題、文化の違いを理解しながらその国の特有の仕事のやり方を考えて進めていきます。

 メリットは?

・本社で味わえない管理職の仕事を体験できます。

また、1つ上のポジションとして働くので、日本特有の上司の伺いながら承認を得るいわゆるハンコリレーはいりません。

(現地外国人はサインリレーはしていますが)

駐在員が自分で考え、自分で意思決定できるので案件が決定するまでのスピードが圧倒的に早いです。

もちろん本社の動きを考慮しながら、働く必要があります。

・給料が日本よりも約1.3~1.5倍程上がります。

更に福利厚生が良く、発展途上国の勤務の場合は、会社が部屋と車、ドライバー、メイドを支給してくれます。

私の場合、ジム、プール付き(海外では普通)のオーシャンビューのコンドミニアムに住んでおり、セレブな生活ができます。

海外赴任手当やハードシップ手当もおいしいです。

日本に1年に1回帰省する航空券も会社が負担してくれます。

この辺は会社によってまちまちです。

そして、税金も会社が負担してれます。払わなくて良いのです。

・医療費がほぼ無料

病気になっても海外保険で無料。予防接種も無料。

日本人ということで優先診断され、待ち時間がほぼ0。

妊婦検診は8割負担でした。

ただし、歯医者代は高いらしいです。

 デメリットは?

良いことばかりの駐在員ですが、仕事は激務な場合が多いです。(私の場合、日本のほうが激務と感じています。)

・最初は日本人担当者のほとんどが駐在員に何でも聞いてきてその対応をしないといけません。

いかに日本人担当者と外国人担当者間で仕事をさせることがポイントです。

・外国人が部下ですので、言語は英語を話せたほうがよいです。

日本語だったらもっと簡単に説明できるのに、詳細を英語で説明できないと苦労します。

しかし、英語が話せない駐在員はたくさんいます。

駐在員と聞くと語学に堪能な人というイメージを持つ人も多いと思いますが、現実はそうでもありません。

現地人とのコミュニケーションが難しい場合は、私の会社のように現地の通訳にお願いできます。

英語や現地語ができたことに越したことはないので言語は勉強しておきましょう。(私も勉強中です。)

・大切なのは言葉よりもビジネススキルです。

ロジカルに考えて問題解決をしていきたいですね。

日本で仕事する時と一緒です。

・外国人の考え方や文化を知る。

当たり前ですね。

外国のことを知らない日本人が日本流を押し通そうとすると苦労します。

昔と違い、今ではインターネットやyoutubeでいくらでも情報があがっています。

しっかり外国人とコミュニケーションをして、お互いのことを理解していきましょう。

・現地人のレベルが低い

駐在する場所にもよりますが、発展途上国に駐在する人が多いと思います。

トラブルは頻繁に発生します。

日本人に説明するよりかなり丁寧に教えないと痛い目にあいますよ。

でも彼らは勉強熱心ですので、教えがいがあります。

 まとめ

外国人として海外で仕事をするのは日本で仕事をすることより難しいです。

海外で仕事をするのであれば、現地人よりも「なにか」ができることが大切です。

外国人に認められればかなり仕事は楽しいです。

まずは日本で経験を積みましょう。

記事を読んでいただきありがとうございました。

【チャンス到来】海外駐在員は資産運用に有利な理由

タイ駐在員がタイに赴任して最初に準備すべきこと

駐在員が住む豪華なタイの家をまとめて解説

【海外駐在者必見】家族帯同時期のタイミングおすすめ

海外駐在員の給料公開します。なぜ駐在員を目指さないの?

 

プロフィール

タイ駐在の味方 チャンです。

2019年~タイ駐在中で1児の父親やってます。

海外旅行(38カ国制覇)と子育てを楽しんでます。

お得なタイ生活情報や駐在情報を中心に発信中。

Noteも作成しています。

 

-海外駐在

Copyright© チャンのタイ駐在しちゃいなよ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.