タイ駐在をしてみていいことばかり。タイ駐在者の味方!!タイ駐在前、駐在中の情報、タイ生活、海外投資、海外旅行情報をお届けします。

チャンのタイ駐在しちゃいなよ

タイ生活 海外駐在

海外駐在 タイ駐在事前準備すべき持ち物リスト

2019年10月20日

海外駐在が決まって、赴任の準備をする際どんな持ち物を持って行けば良いか迷ってしまいますよね。

初めての海外生活であれば尚更だと思います。

事前に中々駐在先の正確な情報を入手しきれないので、日本からあれもこれも買ってしまうと荷物が多くなったりします。

逆にあれ買っておけば良かったと後々後悔してしまうこともあります。

今年海外駐在をした私が、持ち物をまとめてみました。

私が駐在している国はタイで、妻と1歳の子供が帯同しています。

タイ以外の国に赴任される方や単身で行かれる方にも参考にしてみて下さい。

 

 必ず必要なもの

タイで生活する場合、ほとんどの方がコンドミニアムかサービスアパートメント(ホテル住まい)になります。

家具、電化製品、ベッドが備え付けとなります。

そして、契約によってはベッドメイキングや掃除もしてくれるので、かなり生活はしやすいです。

電化製品や家のつくりが海外使用になっていたりするので慣れるまでは使いづらかったりします。



衣服

夏物の半袖や短パンで基本過ごせます。

ですが、タイでは冷房の温度設定が20度前半でキンキンに冷えている場所がほとんどです。

デパート、コンビニ、オフィスやレストランあらゆる所でです。

外は暑いけれど、外と室内の温度差が激しいのでとても寒く感じます。

ですので、薄手の長袖やパーカー、女性であればカーディガンがあるとちょうど良いでしょう。

UNIQLOのウルトラライトダウンが一枚あるとかなり便利です。海外に行く時、日本に冬場に帰る時にも重宝します。

衣服はタイでも買えますので、ある程度あれば現地で購入すれば良いです。

女性の方はユニクロやタイのファストファッションでは嫌という方は多めに持ってくると良いでしょう。

タイではサイアムパラゴンや高島屋などデパートが思っている以上に巨大で、海外ブランド品も多いです。

また、アパート・コンドミニアムにジムやプールが付帯しているところが多いので、

スポーツウェアと水着もぜひ荷物に入れましょう。

女性は日傘・帽子は必須ですので用意しておきましょう。

職業に寄りますが営業でスーツを着ない限り、革靴を履く場面がありません。1足あれば十分です。

それよりもサンダルとスニーカーがメインでほとんど履きません。

 

ベビーグッズ

タイでは運転手が家庭に一台用意されます。運転が荒く道もガタガタ道が多いので、ベビーチェアは必須です。

ベビーカーは公園やデパートでは使いやすいですが、歩道が整備されていない場所が多く抱っこ紐が活躍します。

日本のメーカー品は輸入品は1.5倍程度ですので、我が家ではオムツ、おしりふき、携帯用ベビーフード、

ベビー用洗剤、絵本、粉ミルク、おもちゃ、おむつ用ゴミ箱、クーハン、ベッドガード、開封防止グッズを持っていきました。

 

化粧品、日焼け止め

タイでも日本製の化粧品が売っていますが、日本の3倍の価格なので買う気になりません。

使い慣れた化粧品を半年分くらいは持っていきたいところです。

妻は日焼け止めタイで買うと日本より高いので、日本でまとめ買いしていました。

 

コンタクトレンズ

タイではソフトコンタクトレンズが主流で、ハードの洗浄液は手に入りづらいのだそうです。

ソフトコンタクトレンズの方も、生活に慣れるまでの半年分くらいは持ってきておくと安心です。

妻は1年分用意していました。

 

タイでは薬局やコンビにで薬が安く買えるので、特別に必要な薬以外は基本持ってくる必要はありません。

病院に行けば海外保険で負担してくれますので、私は病院で診察をうけ薬をもらっています。

 

歯ブラシ

タイのはぶらしはヘッドが大きく使いづらいです。

日本で使い慣れたものをまとめ買いしておくと良いでしょう。

 

文房具

日本の文房具の品質はピカイチなので、シャープペン、ボールペン、4色ボールペン、のり、ノートなどを

持っていくのがおすすめ。特にルーズリーフはタイで売っていないようです。

タイ語を習い始める人も多いと思うので、文房具はけっこう使います。



パソコン、タブレット、スマホ

仕事で使うのはもちろんのこと、家でもYoutube を見たり、ネットサーフィン、電子書籍を読んだりするのに便利です。

タイでは日本語キーボードタイプは売っていないので、日本語キーボードが必要な方は日本で買ってきましょう。

スマホを日本から持ってくるならSIMフリータイプを。

ちなみにタイのスマホはSIMフリーやダブルSIM対応で、値段も安いです。

私はタイでスマホを購入し、インターネットも契約しました。

 

カメラ、ゲーム、シェーバー、空気清浄機などの電化商品

この手の電化製品は日本で買うより高いので、日本から持ってくるのがよいでしょう。

乾季のバンコクでは大気汚染が問題になっていますので、空気清浄機を持ってきたほうが無難です。

タイ乾季(11月~2月)はPM2.5大気汚染対策が必須!空気清浄機とマスクは日本購入がおすすめ

タイは11月~2月頃までは乾季で雨が少ない暖かい時期なので、観光ベストシーズンです。 ですが、タイ駐在などで長期滞在していると朝晩の温度差や乾燥で体調を崩し易い時期でもあります。 そして厄介なのが、大 ...

続きを見る


 使用するときは変圧器が必要です。

日用品

カビキラー、重層、ゴキブリ対策グッズ、防虫剤なども日本からもってくるとよいでしょう。

 

ガイドブック

ネットで色々調べられるますが、なんだかんだでガイドブックはあると便利です。

 

調味料、食材

だしの素、コンソメ、鶏がらスープなど基本の調味料はバンコクでも買えるけれど、高いのでぜひ持ち込みたい。

日本のレトルト食品やインスタント食品も、タイでも売っているけれど高いので、荷物の容量が許す限り持って来たいですね。

我が家は煮干、みそ、しょうゆ、ぽんず、お酢など業務用の大きなサイズをもっていきました。

お茶漬け、そば、うどん等、簡単に作れるものを持っていくと重宝します。



ゴルフグッズ

ゴルフクラブは日本で買った方が断然安いですよ。

タイのゴルフ場は安く、キャディー付きのリゾートゴルフを楽しめます。

 

キッチングッズ

物件によっては備え付けのところもありますが、鍋、フライパン、やかん、包丁、まな板は必要です。

弁当用カップ、おにぎり型、皮むき器、スライサー、ジップロックコンテナなどは60バーツショップで売っていますが、

日本の100均の約2倍の価格です。

もし荷物に余裕があれば持ってくるとストレス無く新生活が始められると思います。

また、最低限の食器と箸など。

食器はおしゃれな食器が買えますのでタイ生活中に増えていくと思うので、最低限で良いと思います。

 

スーツケース

タイからは各地にLCCが飛んでいるので、LCCを使って旅行をすることも増えると思います。

そんな時に機内持ち込みできるサイズのスーツケースがあると便利です。

機内持ち込みには重量制限がありますのでなるべく軽いソフトタイプがおすすめです。

 持って行かなくても良いもの

シャンプー、コンディショナー、石鹸、歯磨き粉

シャンプーはタイのハーブを使った良いものがたくさん売っており安く手に入ります。

下記記事を参考にしてください。

タイオーガニック製品が買える店レモンファームが魅力的過ぎた

 

変圧器

電化製品が備え付けです。

必要であれば現地の中古ショップで買えます。

アイロン、掃除機、ドライヤー、炊飯器、電子レンジ、浄水器またはウォーターサーバー

これらも備え付けがなければ、現地で買うこともできます。

どうしても日本から持ってきたベーカリーでパンを焼きたい、日本のこだわりの炊飯器でご飯を炊きたいなどの希望がない限り不要ですが、持ってくる場合は変圧器を購入する必要があります。

浄水器またはウォーターサーバーはあると便利です。

扇風機は冷房に体が慣れない人にはおすすめです。

私は現地で買って、夜寝るとき窓を開けて扇風機を付けて寝ています。

 まとめ

家具、電化製品、ベッドが備え付けとなります。

基本的にはタイでは何でも手に入るので困ることはありません。

日本からの輸入品は高いので、荷物が許す限り持ってくると良いでしょう。

日本メーカーにこだわらなけば、現地生産の商品が安く買えますので慣れてくれば

出費が抑えられますので現地製品を使うことをおすすめします。

単身で行く方は荷物は極力少なめで大丈夫です。

新生活をスタートできるよう、赴任準備を頑張って下さい。

記事を読んでいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事はこちら

失敗しない海外WIFIはどっち?レンタルWIFIとSIMカードを比較

海外旅行や海外出張に行く時、日本にいる時とインターネット環境につなげておくと便利ですよね。 旅行先で検索してレストランを探す、Googleマップで行き先を調べるなどなどインターネットを使う場面が数多く ...

続きを見る

タイ乾季(11月~2月)はPM2.5大気汚染対策が必須!空気清浄機とマスクは日本購入がおすすめ

タイは11月~2月頃までは乾季で雨が少ない暖かい時期なので、観光ベストシーズンです。 ですが、タイ駐在などで長期滞在していると朝晩の温度差や乾燥で体調を崩し易い時期でもあります。 そして厄介なのが、大 ...

続きを見る

タイ生活の電圧とコンセント問題を解決!変圧器や変換プラグについて解説

タイの生活やタイ旅行で気になることといえば電圧とコンセント問題がありますよね。 タイの電圧とコンセントの形状は国により異なりますので、しっかり事前準備をしておく必要があります。 この記事の対象 タイ駐 ...

続きを見る

駐在員 海外赴任前の準備 まとめ

突然の人事異動で海外赴任が決まり、戸惑っている方がいるのではないでしょうか。 海外駐在に向け、何をやるべきか整理する必要があります。 海外赴任が命じられてから駐在する迄、短期間で多くのことをこなしてい ...

続きを見る

タイ駐在はバンコクの中古ショップを使って節約がおすすめ

海外駐在が決まって、赴任の準備をする際どんな持ち物を持って行けば良いか迷ってしまいますよね。 事前に中々駐在先の正確な情報を入手しきれないので、日本からあれもこれも買ってしまうと荷物が多くなったりしま ...

続きを見る

 

プロフィール

タイ駐在の味方 チャンです。

2019年~タイ駐在中で1児の父親やってます。

海外旅行(38カ国制覇)と子育てを楽しんでます。

お得なタイ生活情報や駐在情報を中心に発信中。

Noteも作成しています。

 

-タイ生活, 海外駐在

Copyright© チャンのタイ駐在しちゃいなよ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.